時評論

最新の時評

ただいま準備中です。
 

新聞等への寄稿

● 「経済教室:米金融政策と世界経済・中:新興国の構造改革が急務」『日本経済新聞』2013年10月1日。
● 「経済教室:転機の中国経済・2:管理型の金融政策は限界」『日本経済新聞』2012年4月25日。
● 「経済教室:揺らぐドル基軸体制・上:「3極通貨制度移行に備え」『日本経済新聞』2011年6月30日。
● 「経済教室:鳩山政権の東アジア共同体構想、経済先行、ASEAN核に」『日本経済新聞』2009年12月17日。
● 「有訓無訓・東アジア共同体はASEANが核になる」『日経ビジネス』2009年11月16日、164頁。
● 「経済教室:世界的危機下でのアジア経済:政策協調進め構造転換を」『日本経済新聞』2009年1月29日。
● 「巻頭言:アメリカのサブプライム問題とアジアの通貨問題」『ESP』2008年5月、2-3頁。
● 「経済教室:東アジア経済統合と通貨体制―通貨バスケット制が有効」『日本経済新聞』2005年7月15日。
● 「日本はEUにおけるドイツを目指せ」『日本経済研究センター会報』2005年5月、931号、36-38頁。
● 「経済教室:2004年ノーベル経済学賞」『日本経済新聞』2004年10月19日。
● 「経済教室:イラク復興と世界経済(下)日米欧、構造改革が不可欠」『日本経済新聞』2003年5月9日。
● 「問われる日本の国際協力41・政府開発援助(ODA)の有効性を高めるために」『国際開発ジャーナル』2002年10月、18‐19頁。
● 「経済教室:貿易・通貨、アジアと協調」『日本経済新聞』2002年1月16日。
● 「巻頭言:ユーロと国際通貨システム」『日本経済研究センター会報』2002年1月15日。
● 「経済教室:米同時テロ・危機と日本(下)米欧との政策協調一段と」『日本経済新聞』2001年9月27日。
● 「経済教室:アジア、不良債権処理急げ」『日本経済新聞』2001年2月9日。
● 「経済教室:最貧国の債務削減―範囲拡大・早期実施も重要」『日本経済新聞』1999年6月16日。
● 「経済教室:新興市場安定への道(上)地域的な協調の枠組みを」『日本経済新聞』1998年11月4日。
● 「経済教室:経済システム透明化を」『日本経済新聞』1998年4月15日。
● 「行間を語る-アジアの金融・資本市場」『日経金融新聞』1996年10月23日。
● 「平成8年度下期の経済展望-低金利政策の維持で民間需要の回復を」『NOMAプレスサービス』(社団法人・日本経営協会)、No.541、1996年9月、5-7頁。
● 「経済教室:経済システム・震災対応型に」(廣田一氏と共著)、『日本経済新聞』1995年11月4日。
● 「やさしい経済学:円高と日本経済」『日本経済新聞』1995年5月20日-26日。
● 「経済教室:米の『数値目標』要求:競争促進に逆行」(伊藤隆敏, 伊藤元重, 植田和男氏と共著)、『日本経済新聞』1994年1月28日。
● 「行間を語る-アジアの金融・資本市場」『日経金融新聞』1991年10月14日。
● 「経済教室:説得力不十分な貯蓄有用論」『日本経済新聞』1990年12月10日。
● 「東西ドイツの統一とその影響」『時事教養』(自由書房)657号、1990年10月、4-5頁。
● 「『通商白書』を読んで」『産経新聞』1990年6月22日。
● 「ジャパン・マネー:証券投資(上)(下)、円の国際化①②③④」『日本経済新聞』1990年5月12日、14日、5月30日-6月2日。
● 「やさしい経済学:債権大国日本の責任と将来」『日本経済新聞』1990年4月21-27日。
● 「経済教室:米国に必要な実質ドル安」『日本経済新聞』1989年7月10日。
● 「経済教室:国際通貨システム-円・マルクにドル補完の責務」『日本経済新聞』1988年11月8日。
● 「やさしい経済学:米国の債務国化問題」『日本経済新聞』1988年9月27日-10月3日。
● 「経済教室:米の対外債務急増-対米依存偏重は避けよ」(奥村洋彦氏と共著)、『日本経済新聞』1987年9月5日。